お金を借りる必要のない経営者のかたへ

 

 ▼お金を借りる必要のない経営者のかたへ!

現在、銀行取引をされておられないのは、


 必要性は感じているが、今すぐはお金がいらない・・・
 銀行と取引してみたいが、初めてなので不安がある・・・
 借りることに抵抗がある・・・

など・・・ではないかと思います。


それぞれ経営者のかたの、ご判断だと思いますが、
私がご提案させて頂いているのは、

「借りる必要がないかたこそ、銀行からお金を借りておくべきです!」

というご提案です。

 

銀行から融資を受けるのは、お金が必要だからだけではありません。
銀行をあなたの事業に活用するためです。
そのために融資を受けて、銀行と良好な関係を保っておくためです。

 

銀行は、融資の機能の他に、さまざま情報機能を持っています。
不動産の情報はもちろん、支店や取引先のネットワークを利用したビジネスマッチング
機能もあります。これらの機能をあなたの事業にうまく利用しない手はありません。

 

ただし、いきなり窓口でお願いをしても利用させてくれるはずがありません。
取引先にしかこういう情報や機能は使わせてくれないからです。

 

この機能を遠慮なく使わせてもらうために、融資を受けて、銀行と良好な関係を築くのです。
融資の取引先と預金だけの取引先とでは、銀行から見た重要度には雲泥の差があります。
銀行内部にいたので、そういう事情はよく分かります。

 

しかも現在、融資を受けずに経営されていらっしゃるとすると
事業内容は、概ね順調に推移されておられるのではないかと推察致します。
だとすると、融資取引も今なら、比較的楽に始める事が出来ます。

 

ところが、もし事業内容が悪くなってから、申込しようとすると
銀行は、決して簡単には取引をしてはくれません。
「銀行は、晴れた日に傘を貸して、雨になると取り上げる!」
こんなたとえを聞かれたことはないでしょうか?
少し乱暴なたとえですが、ある意味当たっています。


だからこそ、事業内容が順調な今こそ、銀行取引を開始しておかなければなりません。
最初に戻りますが、銀行から融資を受けるのは、お金が必要だからではありません。
銀行と良好な関係を保つためです。そして銀行をあなたの事業に利用するためです。


銀行と新規に取引するのに不安を感じるかたもおられると思いますが、
内部の事情さえ分かっていれば、何も怖いことはありません。


不安なかたには、わたしが案内人になり、不利になることが無いようにバックアップ致します。
当オフィスは、経営者のかたと銀行を結びつけるためのサポートをしています。

 

 ―私が出来る事―
経営者のかたが銀行と良好な関係を築くためのサポートをしています。

当オフィスは、
 新規に銀行取引を開始される経営者のかたのサポート
 経営者のかたが銀行と交渉される際のコンサルティング
 銀行交渉時の同席(顧問契約時)
を行っています。

<ベネフィット>
銀行の内部のことが事前に分かりますので、安心して新規取引や
交渉が行えます。

【経営者のお金の応援団】
【岩アファイナンシャルオフィス】
【代表 岩ア宣也】

お気軽にお問い合わせ下さい
092-402-0085

受付時間 : 09:30〜18:30

( 土、日、祝祭日は休み ) 

→フォームからのお問い合わせはこちら



▲ページトップへ